若かりし頃のK【お金編】




k君記事が人気なので、若かりし頃のK君をちょこっと書いてみました(笑)

k君とは中学生からの付き合いで、僕がサラリーマンになるまではよく遊んでいました。

だから僕はk君をよく知っています。

皆さんも、大体k君がどういう人間なのか分かってきたと思います(笑)

k君が見てたら怒られちゃいそうですが、k君は基本的にお金にだらしないですよね?

僕とk君のお金に対する考え方は真逆だなと中学生くらいの頃から気付いていました。

けど、それがずっと続くとは思ってもいませんでした。

さすがにk君も大人になれば変わるだろうと。

しかし大人になったk君は、中学生の頃とさほど変わっていなかった(笑)


気前が良すぎるk君

中学生の頃から、k君は気前が良かった。

原付で迎えにきてくれたら5000円上げます

歩くのも、自転車に乗るのもめんどくさいk君は、お金で解決していた。

スロットで勝ったら分け前をくれたw

自分が負けてk君が勝った時、よく分け前をくれた。

その逆はほとんどないのに・・w

でも、さすがにその理不尽さに途中で気付き、負けた人に分け前を上げるシステムが僕達の中で完成した。

これは皆が期待値を知るまでの話である。

期待値を知ってからは、分け前システムはなくなった。

キャバクラ全部奢る

一時期、キャバクラに行くのがk君の中で大流行した時期があった。

「全部奢るから一緒に行こっ」

奢ると言われたら断る人はいない。

10万円以上する飲み代を毎回奢っていた。

〇俗奢る

今気付きましたが、お迎えも、分け前も、キャバクラも、〇俗も、大体パチンコ屋の閉店後の話ですね(笑)

勝ったらよく〇俗も奢っていたようです。

一応言っておきますが、僕はk君に〇俗を奢ってもらった事はありませんw

お金にだらしないk君

子役取りこぼしまくり

k君目押しめちゃくちゃ上手いけど、めんどくさがって親父打ち結構するんですよね。

最初は集中してるんですけど、集中力が切れてしまう。

k君はたまに台打ちしたりしてたけど、「取りこぼさないでください」って怒られてたっけな。

パッキーカード失くしまくり

k君は、パッキーカードをよく忘れる。

たぶん50回くらいあるんじゃないかな。

挿しっぱなしで戻ったらないパターンがメチャクチャある。

「またやっちった」、「仕方ねぇよ」ってセリフをよく聞いた気がします。

これパチンコ屋側は何もしてくれないので皆さん気をつけましょう。

財布失くしまくり

財布を失くした話は、覚えているだけでも10回近くある。

ほとんどが台に置きっぱなしとか、落としたとかです。

もちろん見つからずパクられてます。

ちなにk君は常にルイヴィトンの財布なんですが、失くしたらすぐに買います。

「イライラすっから買うわ」ってな感じで。

つまり10回くらいルイヴィトンの財布を買ってる事になります(笑)

給料全額紛失

封筒の中に30万円が入っていた。

どっかに落としたらしくこの時ばかりはさすがに落ち込んでいた。

翌日仕事をやめた。

これっぽっちあってもしょうがない

生活費を考えず有り金全部をぶっこむ。

スロットでもtotoでも株でもFXでも負け続けるとどうでもよくなって有り金全部ぶっこんでしまう。

「これっぽっちあってもしょうがないでしょ」ってセリフで。

その時、期待値とかほとんど意識してないと思う。

totoに1000万ぶっこむ

サッカーくじのtotoってご存知でしょうか?

勝ち、引き分け、負けの3択を十何試合当てるくじなんですが、1回で120万くらいぶっこんでました。

トータル使った額は、盛ってるわけでもなく、k君は1000万円使っています。

意外と反響があったので、K君の続編を書きたいと思います(笑) ↑k君は、株取引で1000万円儲けました。 その続編ですが...

totoのお話は上記の記事にてご覧いただけます。


友達からお金を借りてギャンブル

この頃、金銭の貸し借りが日常的でした。

友達から何十万と借りるk君

何十万ってたいした事ないと思われるかもしれませんが、ほとんどこれは十代の頃の若い頃のお話なので、当時からすると結構な大金だと思います。

k君:「明日打ち行って絶対勝つので10万円貸して下さい。すぐに返します。」

友達の家まで夜遅くに交渉しに行って、朝一そのままオールでパチ屋。

パチ屋に並ぶまでの間、ずっと興奮してるし。

もう打つ事自体楽しかったんですよね。

k君というか当時の僕達はちょっとお金にだらしなかったと思います。

今考えるとありえないですね。

僕も友達からお金をよく借りていましたが、僕は借金というのが嫌いなので高速でお金を返していました。僕は借金してると落ち着かない性格であり、ギャンブルで負けるのが大嫌いだった。

でも、僕と同じ感覚の人はいなかった。借金を平気で1ヶ月、半年、1年と返せなくても平気な人が多かったな。こういう感覚の違いがあるし、友達の金銭の貸し借りはよくないと同時に知りました。

もちろん期待値を知ってからはこういう事はなくなりました(笑)

消費者金融のはしごするk君

実は、この頃から消費者金融にはお世話になっていた。

友達、親とはしごして最終手段が消費者金融のはしご(笑)


まとめ

いかがでしたでしょうか??

僕たちはなかなかのクズっぷりでしたw

まだたくさんあるんですけど、今回はこの辺で。

またいつか上書き更新しようかなw

僕達、結構期待値を知ったのが遅かったんですよね。

スロットやりはじめの頃は、ほぼただのギャンブルをしてました(笑)

借金したりはしたけど、どうにか気合で勝ってたって感じです(笑)

k君の記事を初めて見たという方、k君をもっと詳しく知りたい方はK君伝説を暇な時にでもどうぞ。

次回は、【仕事編】でも書いて見ようかな。武勇伝が結構あります。

✅勝てるようになったきっかけと負けにくくなったきっかけ公開中

 
ランキング参加中(//∇//)

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   

コメント

  1. より:

    「原付で迎えに来てくれたら5000円」って、タクシー呼ぶ方が良くないですか?(笑)
    k君みたいな金銭感覚の人は身近にいないのでやっぱり面白いです!!
    自粛で漫画喫茶に行けず、カイジのパチンコ編が途中なので、k君のお仕事編、期待してます!(笑)

    • shinji より:

      Jさん

      今考えるとそうですよねw
      当時って会うだけで楽しかったから、会う口実でもあったのかもしれませんw
      ありがとうございます!仕事編お楽しみに~ ^^

スポンサーリンク