松井証券の一日信用取引の手数料体系改定の注意ポイント




松井証券が一日信用取引の手数料体系を改定いたしました。

2019年12月23日(月)(予定)よりデイトレード専用の信用取引サービス「一日信用取引」の金利・貸株料を引き下げされておりました。

メリットばかりだと思いきや実は注意点があります。

POINT 1
約定金額100万円以上の取引は、金利・貸株料が0%になります

POINT 2
約定金額100万円未満の場合の金利・貸株料を1.8%(年利)に引き下げます

POINT 3
現引・現渡手数料が無料になります

POINT 4
取引手数料は引き続き約定代金に関わらず無料!

上記の内容を大きく宣伝していますが、返済期限超過時の決済手数料も大きく内容が変わっています。

2019年12月30日(月) 約定分(予定)より、一日信用取引における返済期限超過時の決済手数料を「約定代金×0.3%(最低手数料20円(税抜))」から「1注文あたり3,250円(税抜)」に変更します。
※約定代金30万円以上は3,450円(税抜)となります。

1注文あたり約4,000円取られるって相当やばいです。

先日、僕は大引前に売りそびれて無駄な手数料を取られてふてくされてましたが、その時にこの手数料体系が適用されていたら、たぶん4、5万取られていた計算となります。

1注文あたりっていうのがイヤらしい。

対策としては、大引け前に必ず決済する事と、ストップ安張り付かれた場合は現引する事です。

今書きながら思ったんですが、地獄なのはプレ空のストップ高張付きかもしれない。。。

松井の一日信用取引で注意する点は、大引け前の売り指値注文。

これ約定しないで引けたら、現引すればいいやって思っていたら大きな間違いです。

注文出したたままの玉は現引できません。

とにかく建玉と注文は大引前に必ず確認した方が良いと思います。

以上、結構大事なお話でした。

何か他にも注意する点や間違ってる点があったらコメントいただけると嬉しいです。

✅勝てるようになったきっかけと負けにくくなったきっかけ公開中

 
清き一票をお願いします(*´з`)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   

コメント

  1. tomo1955 より:

    おはようございます。
    松井証券のデイトレは 大引け後 決済を忘れてメールがきた事を覚えます。
    確認すると確かに決済してなかった。
    大引け前には必ず 建玉が残ってないのを確認ですね。
    それから数ヶ月後
    カカクコム(銘柄)空売りすると上がる上がる 空売りナンピンで信用わく目一杯まで空売りして さて大引けに近くなった。さてどうする?
    大きな含み損を抱えてしまった。どうしよう?
    放置して翌朝寄り付きで強制決済を待つ事にしました。
    後悔しました。 もし ストップ高なんかになったら死んでしまう。
    信用わく目一杯で空売りしたんでしょう 自分が。他人が信用で空売りして焼かれるのをバカにして笑っていたのにまさか自分がそれをやることは。

    次の朝8時から板が気になって ビビって下がれ下がれと祈る そしてまずまず安く寄って良かったです。
    若干の損失で助かった。 結果強制決済で良かった。

    それから 松井証券では デイトレ終了するときは建て玉残ってないか確認です。

    ビビるのは 辛いですね。
    トレード頑張って下さい❗

    • shinji より:

      tomo1955さん

      決済忘れあるあるですよねぇ。空売りしてストップ高張付きは恐怖でしかないですよね。
      ちなみに今後それプラス莫大な手数料が上乗せされるのでプレ空でつかまると相当ヤバイと思います。
      お互い大引け前に決済忘れがないか十分注意しましょうね(*_*;

  2. はせぎん より:

    はじめまして、はせぎんと申します。
    時々お邪魔してます。
    現引き、現渡し手数料が無料になるって
    いままで有料だったんですか?
    だとしたら、その時点でアクドイ。
    僕は楽天を使ってますが。
    なお、リンクさせていただきました。

    • shinji より:

      はせぎんさん

      らしいですね。僕それ最近知りましたw
      松井は優良かと思っていたらアクドかったんですね(*_*;

スポンサーリンク