フライング買いできるかできないかの差




値嵩株を触っていて、無意識に3000円以下銘柄と違う考え方になっていた。

それは、フライング買いできるかできないか。

3000円以下だと、上でも下でもドンピシャに指値を合わせるつもりはなく、エントリーポイントよりもフライングぎみで結構買ったりしています。

だからストンと落とされる時がよくあります。

値嵩株で、ストンと落とされるわけにはいかないので、無意識の内にドンピシャ狙いで売買していたぽいです。

だからなかなか買えないんですよね。

でも、ストン落ちる確率が低いところでは、値嵩株でもガンガンはいったりできてたんですけど、なんか最近、安心ポイントが見当たらなくなりました。

今日は値嵩株を無視してやっていたんですが、全然取れませんでした。

言い訳できない。

悔しいです・・・。

罰として、15:30までマイナー市場見てます。

取引銘柄
明豊ファシリティワークス(1717)、コムシード(3739)、やまねメディカル(2144)、ビート(9399)、市進(4645)、共同ピーアール(2436)、ショーエイコーポレーション(9385)、リボミック(4591)、省電舎(1711)、クリエアナブキ(4336)、ユークス(4334)、

p.s.米津玄師のYouTubeにUPされている「Lemon」短期間で1億再生突破!


今日スキャ:+3,261円
今月スキャ:+38,900円
(12勝3敗1休)

 にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   
スポンサーリンク