マーチンゲール法を株式投資に応用




皆さん、マーチンゲール法ってご存知ですか?

簡単に説明すると勝つまで倍賭けするという、ギャンブルの賭け方です。

否定的な意見が多い賭け方ですが、僕はこの考え方が好きです。

もうちょっと具体的に説明すると、勝負に負けたら次回の賭け金を前回の倍に増やす。

いわゆる「倍プッシュ」。

2倍、4倍、8倍、16倍、32倍、64倍、128倍・・・

一部のカジノでは、このやり方は禁止されてるようです。

ルーレットで黒のみ賭け続ける。

10連続で黒が出ない確率を考え下さい。

勝てば、今までの負債が一気に解消される賭け方ですが、これは無限の資金があって成り立つ。

それでも僕はこのやり方が好きです。

とりあえず一回だけの勝ち逃げ勝負ならほぼ確実に勝てる手法とも言えますね。

この考え方をうまく株式投資に応用すると、僕はムフフだと思ってます。

間隔狭くナンピンしないで下さい。

単純に倍プッシュしないで下さい。

あくまでも、応用です。

適当な銘柄でマーチンゲール法を使用してはなりません。
(特に高値の銘柄は除外)

空売りでの、マーチンゲール法は絶対禁止。

株の場合は、空売りを除けば底なし沼じゃありません。

買いで失敗した時の底は、倒産して紙切れになった時だけ。

それ以外の場合で財産を全て失う事はありません。
(倒産したとしてもその銘柄への投資額は調整できるはずです)

それから株には、配当、優待もあるので、カジノよりマーチンゲール法は期待値高いと思う。

銘柄選択センスと、ナンピンするタイミング次第で期待値はグングン上昇すると思う。

僕はナンピンが好きだから、このマーチンゲール法は好きな考え方なんですよね。

もっと理論的に本当は書きたかったんですが、時間がないのでこのへんで。

気が向いたらいつか、上書き更新したいと思います。

チャンネル登録よろしくです。※1000人達成で過去記事の1つ目の聖杯公開約束中。

 にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   
スポンサーリンク