証券口座の開設数が急増、デイトレブログ急増、株ユーチューバー急増




なんでも新型コロナウイルス混乱の中、証券口座の開設数が急増しているようです。

特に、松井証券、SBI証券、楽天証券の口座開設数が増えているようですが、なぜ今になって口座開設数が急増しているのか?

単純にコロナショックによる大暴落によって、個別銘柄がバーゲンセールだからのようです。

「おいしいとこから参加すんじゃねー」

「真似してデイトレブログはじめてんじゃねー」

「株YouTubeとかやってんじゃねー」

「ライブ配信お前もやんじゃねー」

よく勘違いされる方がいるんですが、邪魔じゃないんですよ。

デイトレーダーいや全てのトレーダーにとってメリットな状況であって、大歓迎だと思うんです。

トレーダーは人がいなければいないほど勝ちずらくなります。

全て市場が活性化する事に繋がるので、どんどん口座開設してほしいし、どんどんブログもYouTubeもやって、相乗効果じゃないですが、この株式市場を皆で活性化していきましょう(っ’-‘)╮ =͟͟͞͞👍ブォン

たぶん面白く思ってない人もたくさんいると思いますが、むしろ面白いんじゃないんでしょうか??

ある意味ブログやYouTubeは、株は楽しいよっていう広告みたいな部分もあるし、もともと副業ブームがきていたところにコロナショックです。

貯金していてもお金が増えない。

お金を寝かせているだけは、もったいない。

昔と違って一つの仕事だけじゃ安心できない時代で、そこに投資という選択肢です。

「在宅ワーク」、「テレワーク」といった単語が飛び交っていますが、デイトレーダーは、コロナショックによる被害が皆無と言っていい職業で、世間からの冷たい目が見直されそうな気がちょっぴりします(笑)


キャッシュフロー・クワドラントについて

本当は、キャッシュフロークワドラントについて単独で記事にしたかったんですが、流れ的に書く事となってしまいました。

簡単にご説明いたします。

キャッシュフロークワドラントとは、お金の流れを4つ区分に分ける考え方です。

キャッシュフローは「お金の流れ」。

クワドラントは「4等分」という意味です。

世の中の職業を4つに分けると下記表の通りとなります。

4つの区分はこんな感じです。

どんな人でも、この中のどれか、または複数に属してお金を得て生活をしています。

・左側(労働者・自営業者)は自分自身が働く

・右側(ビジネスオーナー・投資家)は自分以外が働く

仕事に縛られることなく、時間的にもお金的にも自由を得れるのは右側のビジネスオーナーや投資家です。

なぜなら左側の労働者や自営業者はお金の為に「自分が働き」、右側のビジネスオーナーや投資家は「自分以外(人やお金)に仕事をさせている」からです。

日本人はリスクを取るのが怖いから、皆と同じ道じゃなきゃ怖いから、日本人の半数以上は、クワドラントの左側に属しているようです。

やっぱりこの話は、長くなりそうなので別日に書きたいと思います。

何が言いたかったかと言うと、昔は一つの事に全力で取り組むのが正解だったけど、今は一つだけの事に取り組むのはリスキーなイメージがあります。

このコロナウイルスでそう感じた人は多いはずです。

ただ皆が皆、右側に行ったらこの世界は回りません。

左も右も大事なんです。

僕は結婚している時、サラリーマンをやっていましたが、左側でもあり右側でした。

今現在も自営業をやりつつデイトレードしているので、左側でもあり右側です。

話がまとまらなくなってきましたので、やっぱりこの話は別日にまたしたいと思います(笑)


デイトレ結果

今日は、昨日より全然難しかったです。

最近、前場しかやる事がない感じが・・・。

唯一、前場にやられた松屋を後場また触る機会があって、松屋収支プラテンするチャンスあったんだけど、上下のモニターを跨って板を伸ばしていたせいか、売りたい価格に移動する事が上手くできず結局損切・・・。

上手く伝わるか分かんないけど、1500円までカーソル移動させて注文しようとすると、板が1450円付近に戻ってしまう現象を5回くらい繰り返した(笑)

その後、大きなモニターに板を移動して伸ばしてやってたので問題なかったけど、軽くイラつきました。


今日の収支


今日スキャ:+7,494円
今月スキャ:+142,493円
現物:+33,000円
先物:+7,000円
合計:+182,493円
(9勝1敗0休)

p.s.株価と銘柄コード打ち間違える。

銘柄選定で参考にしている無料メルマガはコチラ→株 株

僕が勝てるようになったきっかけと負けにくくなったきっかけ→公開中

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   
スポンサーリンク