光が見えた月【2020年1月損益】




2020年1月の結果です。

なんとなく光が見えた月だった。

今年は本気出すとか言ったものの、どうやって本気出すかと内心考えていた。

あれこれ考えた。

気が付くと副業に力を入れていたw
(ちなみにYouTubeではない。毎日動画上げてる人ホント尊敬します。)

そこじゃないだろと。

僕が本気で成功したいのは『デイトレード』。

この世界が好きなんです。

この仕事が好きなんです。

満足いくくらい短期で取れるようになったら、中長期投資にももっと力を入れたいなとか頭は意外とお花畑。

そんな浮ついた気持ちでのぞんだ1月でしたが、18勝1敗と内容も意外と良かった。

僕は手数を意識しないとやっぱダメだと思った。
(自分のトレードスタイルを大きく変える事はそうそうできる事ではない。)

これで何度目の同じ気付きなのか分からない。

自分の特徴として、気持ちが弱気になったり、だらけると集中力が低下しチャンスを探さない事が分かった。

これはポジポジ病ってわけではない。

手数を意識すると、頑張ってチャンスを探している自分がいます。

しかし、不思議な事に手数を意識しないと、指数が悪いからとか、10時過ぎたからとか、なにかしらの理由をつけて別の作業をしたり、横になったりしてる。

特に2019年はそれが目立った。

夏の閑散相場で一気にやる気なくなったんですよねたぶん。

やるだけアホだみたいな考え方になって、よく横になってましたw

それから手数を出すようにしないと頭の回転が悪くなるんですよね。

カッコよく言うならば、手数を出せば出すほど脳が活性化される。

ビッグチャンスに巡り合える可能性も高くなります。


今月スキャ:+223,430円
スイング:+9,000円
ipo:0円
合計:+232,430円
(18勝1敗0休)

✅勝てるようになったきっかけと負けにくくなったきっかけ公開中

 
清き一票をお願いします(*´з`)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   

コメント

  1. マサ より:

    あーなるほどですね
    積極的にならないとチャンス探せなくて積極的になりすぎると甘々ででINしちゃうんですよね。なかなか難しっす。。
    ポジポジ病の逆で勝てる気がしなくなるとポジりたく無い病ってありますか?w

    • shinji より:

      マサさん

      完全に考え一致です。
      全て仰る通りですw
      もちろんポジりたくない病もありますw

スポンサーリンク