自分がアフィリエイトされたK君。50万円の授業料の巻。




K君の現在の結果報告をする前にひとネタ。

前回の記事の続きです。 K君の収支が短期間で、-200万→+300万→-70万→+180万と激しく推移! 現在はどうなった? ...

↑前回の記事で少しだけアフィリエイトに触れていますが、その件について書きたいと思います。

暇だったら読んで下さい(笑)

もうk君の記事を全て読んでいただいた方には、k君がどんな人が大体想像つくかと思います。

そう、豪快なんです。

豪快さは、ギャンブルだけにとどまらず、アフィリエイトにもチャレンジしています。

数年前のある日の出来事である。

僕の電話が鳴った。k君からだった。

僕:「おぅ。久しぶり。」

k君:「シンジさー、アフィリエイトって詳しい?」

アフィリエイトの会話は、この日がはじめてではなかった。でも、この日はいつもより声のトーンから真剣さを感じた。

僕:「うーん。少しだけ。」

k君:「そうかぁ。マジで信じられるやつあるんだけど、50万円のアフィリエイトの情報とかあったらシンジだったらどうする?俺何も分かんないからさ。」

僕:「えぇぇぇ。それ怪しくない?商材は何も買わない。全部怪しく見える。50万円もアフィリエイトで回収するのはしんどいし。。」

k君:「そうかぁ。もう支払っちゃんだけどね。」

僕:「・・・・・・・・・・まじか。それ俺に相談してくれれば良かったのに。。」

k君:「もうやるしかねぇ。俺はアフィリエイトで与沢翼になる!」

僕:「アフィリエイトって基本的に超だるいよ?楽じゃないし、気合いれないと何十万なんて到底稼げない。」

k君:「こんくらいやらないと、俺はきっとやらない。もう支払った以上引き下がれないから。」

どんなサイトか教えてくれた。見たら、完全によくあるサイトで海外でノートパソコン1つで悠々自適に生活しているアフィリエイターの女性のサイトだった(笑)

僕:「めっちゃ胡散臭いなぁ・・・。」

k君:「書いてある文章が上手いんだよね。めっちゃ引き込まれちった。でも俺はやるよ。もう教材も届ているし電話も何回かしている。」

教材に書いてある内容、電話のやり取りを全てk君から聞いた。その女性が言ってる事は全て正しい事だった。アフィリエイトの基本、気持ちの持ち方など、全て言ってる事は頷けるものだった。特に気持ちの面を強く言っていた。

女性:「アフィリエイトは稼げないと途中で挫折する人が多い。毎日毎日、ちゃんとやるべき事をやれば結果はついてくる。継続が大事。」こんな感じの事を永遠言っていたようです。

どうです?ちゃんとまともな事言ってますよねww

もちろん技術的な事もちゃんと言っていて、SNSを利用した集客、自己アフィリエイト、おすすめ広告など・・結構、僕でも知ってるような内容も多かったが、当たり前の事を当たり前に継続してやる事が難しいんですよねアフィリエイトって。

僕:「絶対、続かないと思うよ?」

k君:「俺も思う(笑)でもやるしかないんだよ!」

それからというもの、日々k君はアフィリエイトの勉強をしていた。

1ヶ月くらいは頑張っていただろうか。

僕はk君に尋ねた。

僕:「まだその女性とちゃんとやり取りしてるの?ちゃんと電話きたりしてる?」

k君:「うん。きてるよ。」

50万円という金額だけあって、その女性もアフターフォローはしっかりしているようだ。

k君:「でも、電話でてないんだ。」

僕:「え?なんで??」

k君:「疲れちった・・もう疲れた。」

僕:「で、でたぁぁぁぁ」

k君:「やっぱり俺には無理です。」

僕:「・・・・」

k君:「50万も払って馬鹿馬鹿しい。アホみてー。。」

僕:「ちょっと高すぎる勉強代だね。」

結局、こういう商材って意外と詐欺でも何でもないのが多いのかも。

だって言ってる事は、間違ってないんですからね。

商材を購入しても、挫折して勝手に諦めていく方が多いんだと思います。

最後に、k君の50万円を楽々ゲットした女性もオススメしていたサイトがこれ。僕のページのいつも右下に表示されているやつ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
騙されたと思って登録して見てください!
ポイントを貯めれる簡単な案件がたくさんあります!!
怪しいという理由でやらない人が多すぎます!!
1p=1円として、きちんと現金に換金できます!!
一度、ポイント獲得明細を見て下さい

たまに今でも暇な時やっています。

本当にお小遣い稼ぎ程度ですけどね。

以上、k君がアフィリエイトされてしまったお話でした。

チャンネル登録よろしくです。※1000人達成で過去記事の1つ目の聖杯公開約束中。

 にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   
スポンサーリンク