株は連想ゲーム



株は、テクニカル、ファンダメンタルズから投資するのが主ですが、テクニカル、ファンダメンタルズ抜きで連想から買える場合もあります。

実際、自分は兼業投資家の時、仕事中にそこまでチェックできないんで連想買いが多かったです。
(仕事している時は1時間に1回はトイレに行ってましたw)

例えば、セキュリティ関連銘柄が盛り上がっていたら、セキュリティ関連銘柄なのにまだ上昇していないマイナーな銘柄を探して買っていました。

まぁ結果は、2009年~2015年までの成績を見てわかる通り大荒れです( 一一)(全部が全部連想買いしている訳じゃないです。)

一番リスクが少ない連想買いは、下値不安がないもう下がりようがない銘柄を見つけられると安定感ありました。下値不安が少ない銘柄は予想が外れて、連想買いされなくても同値付近で逃げられたからです。

最近の大相場テーマ銘柄で、自分は初動で気づいていたのに見つける事ができませんでした。

それは、

『ポケモンGO関連銘柄』

『君の名は関連銘柄』

これは、実際日記でも初動付近でコメントしていますが、ポケモンGO相場、君の名は相場になる前に自分は関連銘柄を探していました。

「ねーわ」って探すの諦めてしまったら、ポケモン関連銘柄は腐るほどあったという・・・。

君の名は関連銘柄については、時間差できましたね。

自分はこういう社会的に影響がでそうな材料は、アンテナが反応するんですが、途中で探すの諦め恩恵を受けられないパターンが昔から多いです。

実際、この他にもVRとかフィンテックとかアプリランキングとか、先回りで買っている人を見てきましたが、やっぱり連想センスが素晴らしいと思います。

デイトレードで勝てるようになったら、いろいろな投資をやってみたいと言っていた一つにこの連想買いがあります。

専業になってから気持ちに余裕がありません。

短期投機家・・・精神的な苦痛から逃げて目先の利益を追いかける
長期投資家・・・精神的な苦痛を甘受して将来の爆益を追いかける
(by塩漬けマンさん)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク