100万負けから塩漬けマン銘柄で起死回生の+100万【後編】




よくよく考えたらこのお話過去に書いた記憶があります。昔のブログだったか記憶が曖昧ですが、とりあえずこの話2度目だったらすんません。

100万負けから数ヶ月後の事だったかな。。

ここ最近、「サラリーマン」、「兼業」という言葉をよくタイピングしている気がする。 そのせいか、過去のサラリーマン時代を思い出す事が増え...

↑前編

当時、よく塩漬けマンさんのブログを見ていた。

今はあまりそういうのなくなりましたが、塩漬けマンさんが紹介した銘柄はよく上がっていた。

信じきれず乗れなかった事はたくさんあった。

悔しい思いを何度もして訪れたチャンスが、クボテック(7709)

年数とチャートを見る限りクボテックで間違ないと思いますが、塩漬けマンさんがクボテックを紹介していた。

チャートの位置を見ると下値不安が少ない位置だった。

「一撃で取り返すならもうこれしかねーーー」って感じだった。

1万株くらい買おうと思ってたけど、冷静に考えての思い切ってでたしか400円付近で3000株くらい買った。

その後、1690円まで大噴火。

さすがに1690円までは付き合えなかったけど、あのストップ高の度に増えていく含み益は堪らなかったな。

超電導フライホイール蓄電システムの実証機
同実証機の開発は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトとして実施。鉄道総研のほかクボテック、古河電気工業、ミラプロ、山梨県企業局と共同で進めてきた。実証機は出力が300キロワット、蓄電容量が100キロワット時。
フライホールの最高回転数は毎分6000回転。超電導軸受によりフライホイールを非接触で浮上させ回転できる。
フライホイール蓄電システムは、電力を繰り返し出し入れでき、長期間使用できる。太陽光発電の発電状況に合わせて電力をためたり放出したりすることで安定的な電力供給が可能。再生可能エネルギー用や、鉄道の回生電力を活用した蓄電システムなどへの利用が想定される。

材料はこれだと思うけど数年前の話なので忘れました。

既出材料だったみたいだけど、塩漬けマンさんの煽り、大口の買い、ショートが上手く絡み合って仕手化したんだと思います。

てか、たぶんその前に100万負けていなかったら買ってもいないだろうし、買えたら買えたらで引っ張れてもいないと思う。

1000円付近まで少しずつ利確して無事に100万円を取り返したってお話です。

これが僕の投資人生で一番負けた話であり、一番勝ったお話でもあります。

最終的にメシウマなお話じゃなくなって申し訳ありませんm(__)m

✅勝てるようになったきっかけと負けにくくなったきっかけ公開中
✅ノーリスクでメルカリで10ティックゲット

 
清き一票をお願いします(*´з`)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   
スポンサーリンク